ライフスタイル

【サイコロの旅】水曜どうでしょうごっこをした感想!~前編~

サイコロの旅,水曜どうでしょう,感想

みなさん、こんにちは!

ジャンボリーヴィレッジの村長、ゆうじです!

 

昨日も自分の所属しているビジネスコミュニティの方と飲んでいたんですが、本当に勉強になりました。

その方のバックボーンやビジネスに対する想いを、4時間もノンストップで吸収することが出来て、かけがえのない時間になりましたね。

自分がどういった環境に身を置くのか…ということの重要性を、改めて強く感じました。

 

このジャンボリーヴィレッジという場所も、みなさんにとっての「理想の人生を実現出来る場」であったり、「成長出来る場」に出来るように、これからも色んなことを発信していきますね!

ぜひぜひ、過去の発信内容も見返してもらいながら、ジャンボリーヴィレッジを楽しんで貰えたら最高です。

水曜どうでしょうのサイコロの旅とは?

ジャンボリーヴィレッジが大切にしていることは、「時間」や「場所」や「人間関係」に制約を受けないビジネスを実現すること。

そして、楽しく仕事をして楽しく稼ぐ、ということをポリシーに運営しています。

 

やっぱり、人生は楽しく過ごしたいですし、そのためには楽しく仕事をして稼いでいくことが重要だと思うんですよね。

楽しく稼いでいく方法については、これからこのジャンボリーヴィレッジでもご紹介していきますので、お楽しみにしていてください!

そして「楽しく仕事をして楽しく稼ぐ」ということを実践している人として、自分は俳優の大泉洋さんを思い浮かべますね。

 

ここでは大泉洋さんの詳しい説明は省略しますが、俳優という枠に収まらない活躍をしています。

全国的にメジャーになる前は、地元北海道の北海道テレビ放送の人気番組「水曜どうでしょう」に出演して活躍していました。

番組に出始めた頃は、まだ現役の大学生だったというのも驚きですよね。

この「水曜どうでしょう」では、様々な人気企画がありましたが、個人的には「サイコロの旅」が大好きで、サイコロの旅を収録したDVDも持っています(笑)

 

サイコロの旅は、あらかじめ6つのサイコロの目それぞれに移動手段と行き先を割り当てておき、サイコロを振って出た目によって次の行き先を決めるという、なんともシンプルな企画。

それでも、そのシンプルさと大泉洋さんと鈴井貴之さんのリアクションや過酷感が画面から伝わってきて、水曜どうでしょうの大人気企画になりましたし、他のテレビ番組でも類似の企画が放送されるなどして、一世を風靡しました。

現在でも類似企画が放送されていることを考えると、テレビ業界では鉄板の企画なんだと思います。

 

自分が水曜どうでしょうのサイコロの旅企画で好きなのは、何と言っても「深夜バスの旅」ですね。

単純に大泉洋さんのリアクションが面白いのですが、今思い出してもニヤけてしまいます。

東京から福岡までの深夜バスの目が出た時の大泉洋さんは、天才的な面白さを発揮していました。

 

今回、なぜ水曜どうでしょうの「サイコロの旅」の話をしているかと言いますと、自分の中で「自由の象徴=サイコロの旅」なんですよね。

行き先を移動手段を決めておいて、出たサイコロの目でフラッと行ってしまう。

これ以上に自由な遊びはありませんし、時間や場所に一切の制約を受けていませんよね。

(もちろん、当事者の大泉洋さんや鈴井貴之さんの過酷さを推し量ることは出来ませんが…)

 

そういった特性から、自分もずっとサイコロの旅を実際にしてみたいと思っていました。

その夢が最近叶いましたので、実際にサイコロの旅をしてみての感想をシェアさせてください!

水曜どうでしょうごっこをした感想!~前編~

自分が念願の水曜どうでしょうのサイコロの旅を実践したのが、9月のとある土日。

仲の良い友人を朝の8時に東京駅に呼びつけ、「今からサイコロの旅するから」とだけ伝えました。

その友人は、案の定「えっ?」というリアクションでしたが、お構いなしにルールと1回目の行き先を伝えます。

そして、ついに自分がどうしてもしてみたかった「サイコロの旅」がスタートしたんです。

 

サイコロの旅~第1の選択~

①杜の都で牛タンが食べたい!仙台

②兼六園でのんびりしたい!金沢

③名古屋めしを食べ尽したい!名古屋

④食い倒れを経験してみたい!新大阪

⑤やっぱりベタな観光と言えば!京都

⑥もう思い切って九州に行こう!博多

 

こんな選択肢を用意した第1の選択。

個人的には秋の京都に行ってみたかったので、5が出ることを祈っていました。

京都に行ったら、ベタに清水寺とか金閣寺に行きたいな~、なんて思っていましたから(笑)

友人の投げたサイコロの目を確認すると、なんと5が出ていたんです!

 

めちゃめちゃテンションが上がって、速攻でみどりの窓口に新幹線の切符を買いに。

その頃には友人も諦め顔で、サイコロの旅を楽しむ覚悟を決めていました。

今思うと、よくこんな無茶な遊びに付き合ってくれましたよね。本当にありがとう。

 

ということで、今回は【前編】という形で、水曜どうでしょうごっこをした時のことをご紹介してきました。

実際に京都に着いてからも5回はサイコロを振りまして、予測不可能な旅を楽しんできましたので、【後編】では京都に着いてからのサイコロの旅をお伝えしていきます。

 

実際に自分が「サイコロの旅」を楽しめたのも、副業として取り組んできたネットビジネスで得た収益があったから。

しっかりと正しい方法で実践することで、そこまで労力を掛けなくても月収10万円、20万円と稼いでいくことが出来ます。

今後はネットビジネスで稼ぐ方法もお伝えしていきますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね!

 

自分の中で「自由の象徴」だったサイコロの旅は、実際に実現した今でも「自由の象徴」に変わりはありません。

これからもネットビジネスを実践していくことで、自分の実現したいコトや世界を手に入れていきたいと思います!

ABOUT ME
ゆうじ
好きな時間に、好きな場所で、好きな相手と。楽しく仕事をして、楽しく稼ぐ。をコンセプトに、ジャンボリーヴィレッジという自由でにぎやかな村を運営。PC1台でなんの制約も受けないビジネスの実現に向けて活動をしています。