ビジネス

つけ麺TETSUに学ぶ繁盛店の特徴や共通点!ポイントは普遍性?

つけ麺,TETSU,繁盛店,特徴,共通点,ポイント,普遍性

つけ麺界のパイオニア!つけ麺TETSUが繁盛店の理由とは?

みなさん、おはようございます!

ジャンボリーヴィレッジの村長、ゆうじです!

 

この前書いた記事で、冬は食べ物が美味しくなるから好きな季節なんです…みたいなことを書いたと思います。

まぁ、冬に限らず食べることが大好きなので、一年中イロイロな美味しいものを食べていますが(笑)

そんな中でも特に大好きなのが「ラーメン」でして、その中でも特に「つけ麺」が本当に大好き。

多い時で、週に2~3回程度は、つけ麺を食べていると思います。

 

いきなり食べ物(つけ麺)の話かよ?と思われた方もいると思いますが、今回のブログではつけ麺界のパイオニアと呼ばれている「つけ麺TETSU」について取り上げていきたいと思います。

個人的に大好きだということもあるんですが、それ以上に「なぜ、つけ麺TETSUは繁盛店なのか?」「つけ麺TETSUが繁盛店で居続けられる理由は何なのか?」ということが気になるので、少し考えてみようと思いました。

 

自分は昔から、「なんでこの商品が売れているんだろう?」とか「なんであのお店が競合の中でも流行っているんだろう?」ということを考えるのが大好きでした。

こういった思考は、「自分のビジネス」を進めていく中でも必要な、マーケティング的感覚を鍛えることになりますので、是非みなさんも日常生活の中で気にするようにしてみてください。

それでは、つけ麺界のパイオニア的存在のつけ麺TETSUが「なぜ繁盛店なのか?」という理由について、考察していきたいと思います!

つけ麺TETSUに学ぶ繁盛店の特徴や共通点!

少し前置きが長くなってしまいましたが、こうやって儲かっていそうな飲食店をピックアップして、繁盛している理由を考えるのって、めちゃめちゃ楽しいとお思いますよ(笑)

立地や商品力だけじゃない「何か」がある可能性もありますし、逆に単純に立地が良いだけということもあります。

ただ、それ以外の「何か」を仮説立てて検証することで、自分の頭で考えるマーケティング力が身に付くと思いますので、今回は「つけ麺TESTU」の事例から実践していきますね。

 

つけ麺TETSUと言えば、東京都文京区千駄木が創業の地。

今となってはメジャーになった「つけ麺」の、パイオニア的存在として今から10年以上前に誕生しました。

「濃厚豚骨魚介×太麺」という、つけ麺の王道的組み合わせを普及させたのも「つけ麺TETSU」だと言われています。

また、つけ麺独特の悩みとしてスープが冷えてくる…ということの対処法として、「焼石」なるものをスープの中に入れて熱さを復活させる手法や、そもそも麺を「熱いかつおだし」の中に入れて提供する「あつもり」という提供方法も、この「つけ麺TETSU」が考えたものだと言われているです。

 

この事実だけ見ても、つけ麺界のパイオニアというのは間違っていないと思います。

 

ではこの「つけ麺TETSU」から、繁盛店の特徴や共通点を学ぶとすれば、どういった点があげられるのでしょうか??

個人的には以下の点がポイントだと考えています。

 

①濃厚豚骨魚介×太麺という王道メニューをブラッシュアップし続けた

②王道メニューを毎日でも食べられる味で均一化した

③店舗展開をスピーディーに行った

 

この3点が、「つけ麺TETSU」が繁盛店になった理由だと思いますし、他の繁盛している飲食店を見ても①と②は共通していることだと思います。

最後にそのことについて考察していきましょう!

つけ麺TETSU 繁盛のポイントは普遍性?

つけ麺TETSUのことをずっと書いてきたので、つけ麺が食べたくなってきてしまいました(笑)

教のお昼ごはんはつけ麺で決まりだと思います。

それでは最後に、「つけ麺TETSU」が繁盛している最大のポイントについて考察していきましょう。

 

つけ麺TETSUが繁盛している最大のポイントは、「普遍的な美味しさ(普遍性)」にあると考えています。

ラーメンもそうだと思いますが、つけ麺も、毎日食べたい!とは中々思わないと思いますが、つけ麺TETSUのお客さんは少なくとも週に2回以上はリピートするお客さんが多いそうです。

多い人だと週に5回も通っている人もいるそう。

 

毎日でも食べられる「普遍的な美味しさ」こそが、つけ麺TETSUが繁盛店である大きな理由だと考えています。

その「普遍的な美味しさ」に「駅チカ・駅ナカでの店舗展開」という戦略が合致し、その駅を利用する人の「毎日の食事」としてのポジションを確立。

つけ麺TETSUに慣れ親しんだ方の、外出先での飲食店選びの選択肢に入ることで、二重の囲い込みを狙っているんだと思います。

 

特別的に美味しすぎると、人って毎日は食べられなかったり、飽きちゃったりしますからね。

つけ麺TETSUの商品も美味しいんですが、飽きのこないシンプルな美味しさ、なんです。

もちろん、このシンプルな美味しさを極めるために、日々相当な努力をされていると思いますので、今後も「つけ麺TETSU」に食べに行くときは、感謝の気持ちを持って伺いたいと思います。

 

今回のブログでは、「繁盛店の特徴や共通点」について、色々と考察してきました。

こうやって「儲かっている理由」を考えることで、自分のビジネスを進めるにあたってのヒントを得られることもありますので、是非みなさんも日々の生活の中で取り組んでみてはいかがでしょうか??

ABOUT ME
ゆうじ
好きな時間に、好きな場所で、好きな相手と。楽しく仕事をして、楽しく稼ぐ。をコンセプトに、ジャンボリーヴィレッジという自由でにぎやかな村を運営。PC1台でなんの制約も受けないビジネスの実現に向けて活動をしています。